体験3 わかりやすい価格設定をしている家出女子の場合

管理人様

いつもこのサイトをチェックしています!ありがとうございます。
きざみネギ(28歳)です。
「明朗会計?」な家出女子と出会ってきたので、その様子をお伝えします。

いわゆる、「神待ち」状態の女性と遊ぼうと考えたことは皆さんあると思います。
私も、夜の町を歩くたびに、「ひとりくらいやらせてくれないかな」と思っていました。

だけどなかなか声をかれられなかった理由が二つあって…
ひとつが、女の子のバックに怖い人がいる場合。
怖い人でなくても、彼氏がいたり女の子が神待ちでないとしたら、
俺の誘いにいやな顔をするに決まっています。
余計なことで騒ぎを起こしたくないですよね。

そしてもうひとつが「おごり損」のリスク。
せっかくご飯をおごっても、俺がトイレに行っている隙に逃げられたり、
「好きなもの食べていいよ!」という言葉の通りに、めちゃくちゃ高い料理を注文されたり。お金を払っても逃げられたり、またはべらぼうに高くついちゃうこともあるのだ。

そんなときに利用したのが、家出少女が集まってきて、
男性からの誘いを待っている女の子が利用するサイト。

いやあ、いるもんですね。
食事ができないとか、泊まる場所がないとか、
生活の基盤が危ういために、男性と寝てもかまわないという女の子。

こういう女の子なら、声かけのミスはありません。

だけど、いったいどの程度、値段のものを期待しているのかよくわからない。
「ご飯食べたい」と書いている女の子がいるけれども、
寿司がいいのか、定食がいいのか、それともおにぎりでもOKなのか??

登録している女の子を検索していると、21歳の専門学校生の投稿を発見!

「毎日の食事に困ってます。牛丼屋の定食レベルで全然OKです。
あと、ビールプラスで3時間までOK、翌朝もゴチ&替えの下着代(2000円あれば十分)もOKなら泊まりでもいいです」

というのだ。
そもそも、500円そこそこの定食でOKというのも驚きましたが、
まるで風俗店みたいな料金体系!
ビール飲まれても1000円いかないし、それで抱けるなら◎ですよ!

すかさず、写真をチェック!
黒髪のマジメそうな感じ。眼鏡が似合う、ちょっと知的な感じの女の子。服装もおとなしい感じで、地味な俺にも会いそう!

早速彼女に声をかけると、
「昨日から何も食べていなくて…。超助かります!!」
と嬉しさがにじみ出るレスがきた。

俺もあまり金はないから無駄遣いは避けたい。
でも、ラブホ代と食事代、下着代を入れても【諭吉くん一枚】くらいなら安い!
同じことをプロの女とやったらいくらになるのか…ですよね!

しかも相手は若くてかわいいぞ!

入った牛丼屋はすいていて、カウンターの端で食事をしながら彼女に聞くと、
「ちょっとお小遣いくれれば、生でもOKだし、ごっくんもするよ」
「ちょっとっていくらくらい?」
「う~ん、明日の食事代がないから1000円かな」
「1000円で生?」
「そう。嫌かしら?」

こんな感じ。超価格破壊。いや、価格破滅。
1000円で生OKですよ!

話を聞くと、100円のジュースを買うのも躊躇するほどで、
駅や公園で水を飲むことすらあるそうです。
だから、自分の体で1000円もらえるなら何でもOKというんです。

ちなみに、彼女とのデートでかかったお金は…
夕食2人分 980円
ラボホテル宿泊 6500円
下着代 1200円
生挿入おこづかい 1000円
翌朝朝食 0円(ラブホでトーストとかコーヒーが出た)
なので、しめて9680円。

これが家出女子のリアルな価格&リアルな声です。
男性が思っているより、切実だと思いますよ。


神待ち掲示板を選ぶ

他の体験談も見る

体験談を随時募集中!

本サイトでは当サイトで公開しているノウハウを使った出会い系を使ったHな体験談を募集しています。 

 

家出少女とのエッチな体験談はこちら

 

神待ち掲示板プチ家出サイトTOP

PAGETOP